😎 シルビア (S15)

 

S15シルビアでAT改MTをしている車両はバックギヤにするとピーピーと音がが鳴ります。

僕はバックギヤに入っていることがわかるので便利だと思い特に気にならないですが、気になる人もいると思います。

ピーピー音が気になる人はちょっとした加工で、音を消す方法があります。

リバース音を消す方法

 

 
メーターを取り外して
 

 
黒のカバーを外します。
 

 
左端のカプラーの
 

 
この場所の
 

 
カプラーの下に入っていくプリント配線を
 

 
遮断すればピーピー音は消えます。
 

メータに入っていく配線を断線させても音は消えるのですが、ATのメータパネルをそのまま使用している場合はメーターパネル右側のシフトポジションの R のランプが消えてしまうので、ATのメーターパネルを使用する場合はプリント配線を遮断する方法が良いと思います。

 

 

ATのメーターの場合、メーターパネル右側にシフトポジションがついています。燃料ゲージと水温計の部分をMT用に交換すれば見た目はMT用のメーターパネルと同じになります。

 シルビア(S15)のスピードメーターは、年式やグレードでメーターパネルの色が違うので色等の確認は必要です。

 

 

最近はクオリティーの良いELメーターもあるので、自分好みのELメーターを取り付けるのもよいと思います。😊

 

 

メーターの中にピーピー音の鳴る装置が付いていますが、それを取ってしまうとキー抜き忘れ音やライト消し忘れ音もしなくなるので装置の取り外しは注意が必要です。

シルビア(S15)は全年式、メーターに入る配線の位置は同じと思いますが配線図等で確認した方が良いです。プリント配線の違う場所を遮断するとメーターが動かなくなったりするので注意が必要です。メーター関係の作業ですから整備記録を記入できる認証工場で配線図を確認出来て配線の場所を理解している整備士に作業を依頼しましょう。

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事