😎 インナードラム化+5穴 180SX

 

作業

 

 

 

矢印のキャリパーのボルト、アームのボルト、ドライブシャフトのセンターのナット、ハブの取り付けボルトを外していきます。

 ハブからドライブシャフトを抜くときに、固着して外しにくい場合が多いです。ドライブシャフトをハンマーでたたく場合はネジ溝をつぶさないように注意が必要です。

 

 

中古で購入したインナードラムをばらしていきます。

(HCR32 ECR33 ER34などを流用)

 

 

180SXの純正ナックルにバックプレート、ブレーキシュー、ハブを取り付けていきます。

 

 

次にブレーキワイヤーを交換していきます。

 

シルビア&180SXをインナードラムにすると純正のサイドブレーキワイヤーは使用できないので、GT-1 MOTOR SPORTSさんの「リアサイドワイヤーKIT」を使用しました。

 

 

180SXの純正サイドブレーキワイヤーを取り外すためにサイドブレーキの調整ネジを緩めます。

 10mmのディープソケットを使用すると調整しやすいです。

 

 

リアサイドワイヤーKITは加工なしで取り付けが可能です。

 

 

ワイヤーをブレーキのバックプレートに取り付けます。

 

 

あとはブレーキとローターを取り付けて、ブレーキシューの調整とサイドブレーキの引きしろを調整すれば完成です。

 


 

フロントは 4POT キャリパーを装着です。

 

 

ナックルとロアアームはS15純正を使用しました。

 

S13系の車高調を取り付ける場合、S15純正ナックル側のネジ穴が大きいのでカラーをはめ込んでガタをなくします。

 

 

ブレーキを4POTにして180SXのブレーキマスターシリンダーをそのまま使用するとブレーキを踏んだ時のタッチが良くないです。

できれば純正で4POT のブレーキが付いている車両のブレーキマスターシリンダーに交換した方が良いと思います。

 

5穴にするとホイールの選択肢が増えますし、4POTブレーキとインナードラム化はブレーキの利きと見た目が良くなるのでいいですね😊

コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事