車を売却したときや廃車にした場合に、1年に1回、5月末までに支払う「自動車税」や車検のときに支払った「重量税」が自分の手元に戻ってくるか気になりませんか?

 

自動車税と重量税の還付についてシンプルにわかりやすく説明していきます。

 

そもそも車を売却時や廃車時に自動車税や重量税は還付される?

 

結論から言うと、

 

自動車税は、車を「一時抹消登録」や「永久抹消登録」した場合に国から還付されます。

売却(移転登録や名義変更)した場合は国から還付されることはないですが、一般的に車を買い取った業者が月割りで計算した自動車税を支払ってくれます。

 

重量税は、「車が古くて売りに出しても値段が付かないので車を廃車にする」「事故などで車が廃車になった」などの理由で車を解体業者で解体処理して「永久抹消登録」した場合に還付ができます。

 

自動車税とは

 

わかりやすくシンプルに自動車税を説明するなら、「車を所有している人は1年に1回支払う必要がある税金」です。

 

  • 自動車税の納税の対象者は、4月1日の時点で車を所有している人で、車検証の所有者です。
    (自動車ローンなどを組んでいる場合などは、所有者がローン会社の名義になっていることもあるので、車検証上の使用者が課税対象者です。)

 

  • 課税の対象となる期間は、4月1日から次の年の3月31日まで。

 

  • 自動車税の支払時期は、4月の下旬からから5月の上旬に納付書が届くので5月31日までに金額を納める必要があります。

 

  • 支払い方法は一括で支払います。

 

自動車重量税とは

 

わかりやすくシンプルに重量税の説明をするなら、「車検のときに支払う必要がある税金」です。

 

  • 重量税は「新車を購入したとき」「車検の無い中古車を購入したとき」「今乗っている車の車検を受けるとき」に車の重さに応じて課税されます。

 

  • 重量税は前払いのため、新車だと3年分、通常は2年分を車検時にまとめて金額を納めます。

 

自動車税の還付の方法

 

陸運局で一時抹消登録永久抹消登録のどちらかをすれば、4月1日以降に支払っている自動車税が月割りで戻ってきます。

 

もし、11月に車を売却したとすると、12月から次の年の3月までの自動車税が還付されます。

 

一時抹消登録 とりあえず車のナンバープレートを陸運局に返している状態。もう一度、ナンバープレートを取得したい場合はいつでもできます。
永久抹消登録 車を廃車にして、車両を解体した後に永久抹消登録ができるので、再度ナンバープレートを取得することはできません。

 

還付金はどのくらいで還付されるか?

 

都道府県によって還付される時期は多少違いはありますが、だいたい1~2ヵ月後、自動車税の納付書が送られてきた住所に還付通知書が送られてきます。

 

自動車税の還付金の受け取り方法は?

 

都道府県によって違いはありますが、下記の受け取り方法がメインになります。

 

指定された銀行の窓口郵便局の窓口での受け取り。

 

一時抹消登録や永久抹消登録の手続きが済んだ後に自動車税の納付書が送られてきた住所に還付通知書(送金通知書や振替払出証書など)が送られてきますので、

「還付通知書(送金通知書や振替払出証書など)」「身分証明書」「印鑑(みとめ印)」を指定された銀行や郵便局の窓口に持っていて手続きをします。

 

軽自動車税の還付は?

 

軽自動車税は年額での課税で、自動車税のように月割で課税する制度がないので税金の還付はできません

 

軽自動車税の還付はできませんが、もし、あなたが4月2日以降に軽自動車を購入することがあった場合は、その年の軽自動車税は課税されることはないです。

 

重量税の還付の方法

 

車を解体業者で解体処理をする必要があります。

 

車検が1カ月以上残っているのが条件で、車を解体して陸運局で永久抹消登録をすれば重量税が還付できます。

 

重量税はどのくらいで還付されるのか?

 

陸運局で永久抹消登録をすれば2カ月前後で重量税が還付されます。

重量税の還付金の受け取る方法は?

 

永久抹消登録の用紙に還付先の口座を記入する欄があるので記入します。

陸運局で永久抹消の申請をしてから2カ月前後で、永久抹消登録の用紙に記入した銀行口座に振り込まれます。

 

軽自動車の重量税の還付は?

 

軽自動車でも重量税の還付はできます。

 

ただ、軽自動車は重量税が安いので、たくさん車検が残っていればいいですが、あまり車検が残っていない場合は手間と時間を考えると割りに合わないかもしれません。

 

まとめ

 

自動車税は、陸運局で車を「一時抹消登録」「永久抹消登録」をしたときに、月割りで自動車税が戻ってきます。

 

しかし、3月に一時抹消や永久抹消した場合は還付金は戻ってきません。

 

車の売却などで「移転登録(名義変更)」をした場合は自動車税は戻ってこないので注意が必要です。

 

自動車業者に売却した場合は一般的に業者が月割りで計算した自動車税を支払ってくれますが、

業者によっては売却金額に自動車税を含んだ価格を提示している場合もあるので「自動車税分はどうなりますか」と聞いた方が良いと思います。

 

重量税は、車を解体業者で解体処理したあと陸運局で「永久抹消登録」をすれば重量税が戻っていきます。

 

最後に

 

自動車税と自動車重量税の還付をするための一時抹消登録や永久抹消登録の申請は特に難しいことではないです。

 

陸運局でも親切に教えてもらえますし、自分には少し難しいと思った場合でも、

陸運局の中に代書屋さんがあるので数千円で一時抹消登録や永久抹消登録の書類を作成してもらえます。

 

時間がかかっとしても半日もあれば手続きは完了するので、平日に時間が取れる方は自分で申請してみるのもいいと思いまよ!

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事